テクスチャー

名古屋にて自然塗料HIRARI(ひらり)を施工しました。

晴天に恵まれて丁度良い気候です。

粘土から生まれたソイルペイントHiRaRi(ひらり)

は室内用自然塗料なので有害物質を発生することはなく、調湿効果とマイナスイオン効果で快適な空間へ。

今回はエイジングを施しました。

【施工後】


店舗新装工事

店舗新装工事にて什器を刷毛目塗装、エイジング塗装で施工致しました。

【after】

【ビフォー】

刷毛目仕上げです。

ベンジャミンムーアdeep ocean

いい色ですね。

塗料の乾きが早いので二人一組で作業します。

イメージ通り綺麗に仕上がると気持ちが良いです。


内装ジョリパット

マンション内装でジョリパットを施工しました。

【after】

リビングの壁一面を元気の出るイエロー系に。

【before】

ネコの引っ掻きキズが沢山!

ジョリパットで壁紙の汚れ、傷を隠します!

今回はしっくい調仕上げです。

黄色が入るだけで部屋全体が明るく、暖かい雰囲気になりますね。

カラー講習で教わった事を活かして、どんどん提案していきたいと思います。


Moire モアレ テクスチャーペイント

マンション内装リノベーションにて、水性メタリック塗料Moireを施工致しました。

【after】

コテ仕上げでテクスチャーを出し、光のあたり方によって表情が変わります。

両サイドのキッチンと冷蔵庫に合わせてシルバー系色です。

【before】

既存の白い壁紙に比べて高級感が出ましたね。


マンション室内リノベーション(スエード調塗装)バルレンナ

【施工後】

【施工前】

クロス壁からペイント壁へ。

メインの壁はスエード調仕上げのバルレンナで施工致しました。

柔らかい質感と高級感のある仕上がりで人気の塗料です。

その他の壁はベンジャミンムーア(クリーム色)にエンジ色のボーダーを入れました。

ボーダー部分もスエード調塗料です。

【after】

無機質な壁紙から暖かみのある部屋に。

リモートの背景も映えますね。


Moire トイレ壁テクスチャー塗装

渋谷区のイタリアンレストランへMoire (モアレ)を施工に行って来ました。

【after】

【before】

トイレの壁面を施工です。

まず、パテで凸凹をなくします。

サンドペーパーで平滑にした後、

ベースを塗装します。

今回はニ色を使い、コテでマーブル模様になるよう仕上げました。

【施工後】

高級感のある壁になりましたね。

光のあたり方で表情が変わります。

壁紙では出せないテクスチャーペイント、

『モアレ』

特別な空間にしたい方へ、是非お勧め致します。

後日、オーナー様とシェフの方々が大変喜んでいただけたとお聞きし安心致しました。

他も施工すればよかったと、仰っていただいたのは本当に嬉しいです。


マンション内装リノベーション(モルタル風)

埼玉県所沢市へマンション内装リノベーション工事に行って来ました。

オーナー様に内装のイメージを任せて頂いたので、モルタル風を提案致しました。

【施工前】

クロスの薄紙が残っているので剥がします。

剥がさずにそのまま塗装したりすると、薄紙が水分を含んで浮いてきたりするので要注意です。

コテで仕上げていきます。

仕上げにトップコートを塗って完成です。

トップコートを塗装した部分は濃くなってますが、塗料が乾くと元の自然な色に戻ります。

【施工後】

梁もモルタル風にして、アクセントに。

カウンターはMPCで施工。

色を入れすぎると煩くなるので落ち着いた雰囲気のモノトーン仕上げです。

観葉植物などを置いて

リモートでの背景も映える素敵なリビングになりました。

廊下は梁のみモルタル風にしてみました。

この物件を内覧されたお客様が

『すごい!』『格好いい!』

と、感じて頂けたら

嬉しいですね!


室内壁MPC、モルタル風壁リノベーション

戸建の室内壁をMPCとモルタル風に施工致しました。

【施工前】

まずはモルタル風の壁を施工していきます。

階段部分は手間がかかります。

乾燥後にトップコートクリヤーをかけて完成です。

次に台所の壁はMPCで施工します。

MPCで緑色は初めてなので、どんな仕上がりか楽しみです。

最後にトップコートです。

汚れが付きにくくなるのは勿論、メンテナンスも楽になります。

【施工後】

ものすごく格好いい空間になりました。

モルタル風の壁、いいです。


バルレンナ(スエード調水性塗料)

渋谷区のM様邸にバルレンナという塗料を使用し、お部屋の壁一面を施工してきました。

【施工前】

現状は新規のクロス壁(壁紙)です。

お客様にお問い合わせいただいてから、イメージ画像を送って頂いたり

メールでのやりとりの末に最終的にバルレンナに辿り着きました。

色合いや質感がとても気に入られたご様子でした。

クロスの凸凹をパテ処理して平滑にします。

プライマーをランダムに塗っていきます。

中、上塗りと刷毛で仕上げていきます。

乾きムラが出やすいので複数人での作業が理想ですね。

【施工後】

光の反射で時間帯によって表情も変わり、素敵な空間を演出してくれそうです。

お客様にイメージ通りと喜んで頂けたのがなによりです。

お色はバルレンナ 456A(color works)


コンクリート打ちっぱなし風

コンクリート打ちっぱなし風の柱補修です。

外壁でよく見かける格好いいアレです。

今回は店舗の内装の柱(ボード面)です。

レイアウト変更で穴の空いた箇所をパテ処理して、型枠を外す際にできるバリ等も再現します。

ベース色を塗装し、その上からトントン叩いて模様をつけていきます。

コンクリートっぽくなってきました。

色々試験施工しました。


12