内装塗装

■壁紙には無い独特の質感をプラス!魅力いっぱいの内装塗装


大量生産されているため安価で購入しやすく、高機能な商品も流通していることから、長い間内装の主流となってきた壁紙クロス。
しかし近年では新築やリノベーションにおいて、内装に「塗装」を選ぶ方が増加しています。

内装塗装の一番の特徴は、何といっても壁紙クロスには出せないオシャレな質感。
ビニル素材とは違った温かみや重厚感を演出できるため、「他の人とはちょっと違った家にしたい」と考える方を中心に、注目が集まっています。

最近ではオシャレな色の塗料も続々と登場し、賃貸物件で入居者を増やすための対策として利用されることも。
ご家族の健康が気になる方には、珪藻土や植物を成分とした、自然塗料がおすすめです。

 

■ここがオススメ!内装塗装の魅力


◎おしゃれな質感
カフェやレストランなど、景観を重視する店舗でよく用いられているのが、内装塗装。
選択する塗料や仕上げ方によって、しっとりした柔らかい質感や、ぬくもりある素朴な風合いなど、様々なテイストを表現することが可能です。

◎カラーが豊富
実は白一色でも200色近くのバリエーションがあるなど、内装用の塗料はカラーも豊富。
さらに既成のカラーしか選択できない壁紙クロスと違い、塗料を混ぜてオリジナルのカラーをつくることができるため、色味にこだわりたい方にぴったりです。

◎汚れても手直しが簡単
キズや汚れがついた場合、全体を張り直さなければ美観を回復できない壁紙クロスと違い、塗装なら補修も簡単。
周囲の色に合わせて部分的に塗ればいいだけなので、メンテナンス費用も軽減できます。
さらに壁紙クロスのように張り替えでゴミも出ないため、環境面でも安心です。

◎健康にやさしい
最近では改良が進んでいますが、壁紙クロスは以前、接着材がシックハウス症候群の原因になるとして問題視されていたことがありました。
内装用塗料の中には、化学物質不使用の自然塗料もありますので、小さなお子様や高齢者のいらっしゃるご家庭も安心。
珪藻土や植物、鉱物、粘土など様々な天然原料をもとにした塗料が製造されています。

一覧ページに戻る